2014年03月31日

北電の供給計画をみる2014(+お知らせ)

諸事情で当ブログをしばらく充電期間とさせていただきます。更新再開予定は未定ですが、その間にサービス終了しないことをただ願いたいところです。

というわけで本題。北電の2014年度の供給計画が発表されました。
http://www.hepco.co.jp/info/2013/1189457_1521.html
この記事でこのシリーズは4年目になりますね。早いものです。

昨年度とはあまり変わりはなく、電源開発計画ではようやく京極水力発電所が稼働間近。また岩松水力発電所や音別火力発電所の廃止なども本格的にチラつきはじめ、岩松線等の今後が気になります。

驚いたのが流通設備計画のほうで、北斗市と青森県今別町の間に直流送電線が敷設されるらしく、北海道側には北斗変換所が設けられるようです。変換所の場所については北本変換所同様で、大野変電所近傍にできるものと思っています。

主要変電所計画では、北新得変電所~宇円別変電所と出力が増加することから道東幹線が275kV昇圧目前(?)といったところでしょうか。

あと、石狩湾新港発電所線の亘長が何度やっても15km以下になるのは、西野変電所との間違いなのか(ルートを試算してみたらおよそ20km)が個人的には気になりました。


posted by 石狩 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の送電線 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。