2013年10月27日

新所沢変電所+中東京変電所の定点観測

珍しく本州ネタを。今回は500kv西上武幹線の動きを中心に、2年前の訪問時との比較をしてみました。2年前は2011年2月7日・今回は2013年10月25日分となります。今回の訪問は田村貞雪さんと見てきました。※比較は古→新の順番となっています。
田村貞雪さんのブログはこちらになります。【A】田村貞雪の鉄塔部屋【A】


500kv西上武幹線500kv新所沢線の併走区間。架線もされ碍子も取り付けられました。
DSCF1542.JPG
DSCF0110.JPG

新所沢変電所そばの500kv西上武幹線500kv新所沢線
DSCF1543.JPG
DSCF0111.JPG

最初に訪問した時はすでに鉄塔が出来上がっていた500kv西上武幹線の最終鉄塔。碍子が付き架線もされましたが仮取り付けのようです。
DSCF1549.JPG
DSCF0119.JPG

再び併走区間を。このときは架線されてなかった鉄塔もすべて架線がされていました。
DSCF1582.JPG
DSCF0105.JPG

新しくできあがる送電線がある一方で、姿を消した鉄塔もありました。まずは66kv武州線から。動きがあったのは各サイトで知っていたのですが、目の当たりにするのは初めてでした。
DSCF1592.JPG
DSCF0070.JPG

そしてもうひとつ消えた路線が275kv中東京幹線です。
DSCF1662.JPG
DSCF0071.JPG

末端区間のこの並びもすでに見れなくなっていました。
DSCF1670.JPG
DSCF0076.JPG

2年前に安曇幹線まで見ることができた夕暮れの景色も今では様変わりしたのでしょうか。
DSCF1686.JPG

500kv西上武幹線はまだ運転開始していないため、運転を開始してからもう一度再訪をしてみたいです。


posted by 石狩 at 20:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 本州の送電線 | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

さいたま市周辺の送電線

バスネタに偏っていたので、久しぶりに本州の送電線ネタを

4回線を改造したのでしょうか。おかしな配置に

こちらも4回線設計だったようです

一方左上の1回線だけ捻架していた形跡がある鉄塔が現れたり


おそらく初めて見ました。高く伸びる紅白鉄塔とすぐ左にちょこんと居座るジャミラ鉄塔

こちらについては送電線名がわかりませんでした。


堂々と立ち尽くす500kv送電線はやはり新鮮


ものすごく変わった形状の鉄塔もありました。




川越駅から見ることができた東武川越線ですが、廃線になったようで、9月の段階で解体待ちという状態になっていました。
posted by 石狩 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 本州の送電線 | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

南狭山変電所(3・変電所南側+α)

変電所を半分ほど回って南側に

手前の2回線のミニ鉄塔は右から66kv水野線66kv東大和線66kv川越線66kv膝折線
その奥の4回線鉄塔はその2で出てきた66kv脇田線66kv日高線

近くで見るとどうしても門型に目が行ってしまう


とここで変電所からカーンカーンと音がして見回してみると

マイクロ鉄塔をよじ登るなんて恐ろしくてできない


最後に全体を。



で、帰ろうと思ってバス停を探すことに。ここで完璧に迷子になりました。仕方ないので

この鉄塔の方に歩いて行ったら無事西武バスに乗ることが出来ました
posted by 石狩 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 本州の送電線 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。