2012年01月09日

南狭山変電所(2・変電所北側)

275kv新座線。右奥から来ている送電線は275kv南狭山線



変電所の南側。


275kv只見幹線はここでも低い


北側からぐるりと変電所を回った


275kv新座線の引き込み部分。電線だらけ


右の鉄塔の下2回線は66kv脇田線で、真ん中の上の2回線鉄塔からつながっている。中段の2回線は154kv狭山線

近くで見るとこんなに至近距離で鉄塔が2つ立っているせいかゾッとする


154kv狭山線66kv日高線。日高線はやじろべえみたいな面白い形をしている



66kv日高線275kv南狭山線154kv狭山線275kv只見幹線の下にそれぞれつながっている




154kv狭山線はここから単独に




複雑な送電線の出入りをしている



275kv只見幹線475-3号。建て替え前の南札幌幹線の最終鉄塔を彷彿とさせる


posted by 石狩 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 本州の送電線 | 更新情報をチェックする

南狭山変電所(1・変電所周辺)

去年の2月ですが南狭山変電所に行きました。
画像が多いため2分割して紹介します

他の送電線のサイトでは有名な8回線門型を初めて見ました。圧巻でした



ずらりと門型鉄塔が見渡せる

きれいに一直線



北海道の送電線にはない迫力を感じました


遠くに見えるのは275kv新座線


66kv水野線66kv東大和線


こんな住宅街の中でも存在感を発揮


変電所近くの電柱にあった掲示。


門型鉄塔と275kv新座線


南狭山変電所に到着。ここに来る段階で寄り道したり1時間近く迷子になってました



青空に映える275kv新座線
posted by 石狩 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 本州の送電線 | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

中東京変電所

※この記事は今年2月段階に行った記録から書いています。現在は変わってる可能性があります。

新所沢変電所の次に中東京変電所にいきました
66kv武州線500kv西上武幹線500kv新所沢線


66kv西大家線の分岐


500kv西上武幹線500kv新所沢線を潜る66kv武州線


新所沢変電所方面を見る


275kv中沢線


手前から154kv旭ヶ丘線154kv武蔵赤坂線。下の2回線は66kv日高線


154kvJR中東京・信濃川線


左から66kv日高線66kv高麗川線66kv武州線


右の鉄塔は154kvJR中東京・信濃川線、その真下を通るミニ鉄塔は66kv高麗川線66kv武州線 その次の4回線で分岐して左側が66kv太平洋セメント線 クレーンギリギリだが鉄塔にクレーン注意の標識が下がってない・・・大丈夫なんだろうか。接触禁止の線はあるみたいだけれど


この時さらに驚いたのはこの光景。154kvJR中東京・信濃川線で高さギリギリな部分を大型トラックが 真上を通る2導体の送電線は154kv奥秩父線

あまりの低さにしばらく言葉が出なかった



そのすぐ先では66kv武州線が同じような状態に


北側から見るとすごい状態に 電柱より低く見える154kv送電線は逆に目立つ


2月の段階で275kv中東京幹線はまだ残っていた。西上武幹線の進渉状況を知らないが今は中東京幹線の電線を外す段階に入っているのだろうか


世代交代する前の共演 このツーショットはこの時が最初で最後になるだろう
posted by 石狩 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 本州の送電線 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。