2011年04月22日

先に西上武幹線工事関連

新所沢変電所の記事にたどり着くのがかなり後になる予感なので
2月の段階での西上武幹線工事状況をまとめてみる
2月段階なので今は工事が進展しているかもしれません

まず新所沢変電所周辺








早く碍子をもらいたくてウズウズしている感じがなんとなく伝わってくる


訪問したときは変電所の鉄構も建設中だった


工事の工程表 A390っていうのは中東京幹線の数字?


鉄板がいっぱい


猫鉄塔はそこにはなかった


BT化された中東京幹線ももうすぐ西上武幹線になる


オマケ。かなり後に記事にする画像。

この画像はやたらと○があるが、この○がある場所は全部鉄塔がある場所で
赤→安曇幹線 水色→新所沢線 黄色→中東京幹線 オレンジ→不明の送電線
撮影場所→日高変電所近く 天気がいいと安曇幹線が見える(本気)


posted by 石狩 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本州の送電線 | 更新情報をチェックする

埼玉の長旅(その3・坂戸市周辺で見た鉄塔)

計画停電、福島第一原発の問題などで大変な状態にある東京電力。
原発からの電気が来なくなったため只見幹線などを通じて東京へ電力を送りつづける電源開発。
この記事ではそんな坂戸市のとある鉄塔の周辺を紹介します。

まずは、この記事で中心となる275kv只見幹線

そして、154kv群馬幹線66kv脇田線

今後東京電力管轄の送電線ではかなり重要になると思われる500kv新坂戸線


坂戸の工業団地で分岐をする66kv送電線(坂戸線?)

この鉄塔の反対側 奥で曲がっている方向に坂戸変電所がある


そして、とうとう500kv交差鉄塔をお目見えすることに
500kv新古河線を越える500kv只見幹線423号



500kv新古河線66kv東坂戸線66kv吉見線


新坂戸変電所方面。マイクロ鉄塔も見える


北坂戸変電所に分岐する154kv群馬幹線


66kv送電線を越える500kv送電線。その500kv送電線を追い越していく500kv送電線



1本角の154kv群馬幹線 北海道だと1本角が主流だが関東でこの1本角を見たとき相当違和感を感じた。北海道電力の送電鉄塔は1本角で紅白というのがあまりない+真ん中の腕金が飛び出していないから相当違和感に感じるのかも。2枚目の写真左下は4回線分岐?


154kv群馬幹線のミニ鉄塔


この耐張型鉄塔は道央北幹線39号に似ている
posted by 石狩 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 本州の送電線 | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

埼玉の長旅(その2・新坂戸変電所)

埼玉で最初に見に行った変電所は新坂戸変電所


行く途中の500kv新坂戸線



新坂戸変電所

鉄構がでかい



154kv群馬幹線66kv坂戸線66kv東坂戸線66kv吉見線500kv只見幹線


新坂戸変電所北側


新坂戸変電所東側 275kv東京中線66kv川島町線66kv指扇線66kv川越線


新坂戸変電所に出入りしている送電線をギリギリ1枚に


500kv只見幹線 黒碍子が目を引く


275kv東京中線66kv川島町線 北海道の275kv道央北幹線西札幌線にそっくり


275kv東京中線の鉄構 初めて見た鉄構


新坂戸変電所の西側


66kv指扇線66kv川越線


かなり威圧感がある275kv東京中線66kv川島町線


左が66kv坂戸線の鉄構 右が66kv脇田線の鉄構 鉄構の真上を154kv群馬幹線が素通り
posted by 石狩 at 14:54| Comment(0) | 本州の送電線 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。